銀行のカードローンの特徴について

カードローンというと、まずは消費者金融を思い浮かべるかもしれません。確かに昔はカードローンというと消費者金融、かつてのサラ金というイメージであり、銀行は同じお金を借りるにしても住宅ローンやマイカーローンなど、まとまったお金を担保や保証人をたてた上で借りるところという意識が強かったかもしれません。しかし今では決してそうではありません。銀行でも無担保、無保証人で、比較的少額のお金を融資してくれるカードローンを扱うようになってきています。一方で消費者金融のほうも銀行との提携が増えてきて、CMやホームページを一見すると銀行の商品であるかのように思えるものも多くなってきています。しかし、それでもやはり両者にはある程度の違いがありますから知っておいて損はありません。最も大きいのは総量規制です。総量規制とは借りすぎを防ぐためのもので、借りることのできるお金の上限を年収の三分の一までに制限するという規制ですが、この規制の影響を受けるのは消費者金融などノンバンクだけなのです。つまり、銀行はこの規制の影響を受けません。もちろん、だからと言って年収の三分の一を超える金額であっても確実に融資を受けられるという保証などどこにもありませんが、少なくとも年収の三分の一を越えた時点で門前払いされるということはなくなります。

これとも関連しますが、融資限度額が一般的に高く、また金利が低めであるという特徴もあります。融資限度額に関しては例えば800万円くらいまでに設定されているところも多いです。金利についても相当に低めに設定されていることも多く、場合によっては5%を切るケースも珍しくありません。ただ、その分だけ審査は若干厳しくなっています。それでも条件としては別に消費者金融と大きく変わるわけではありません。正社員でなければ申し込めないなどといったことはなく、20歳以上で安定した収入のある人であれば誰でも申し込むことが可能です。(低金利カードローンでお金を借りるのがオススメ

お金を借りるなら金利が低い銀行が有利

消費者金融からお金を借りる方法がありますが、銀行から借りるのがお得です。借りやすい状況を整えてくれる便利な消費者金融ではあるものの、銀行のほうが低金利でお金を借りやすいメリットがあるからです。お金を借りる方法として、振込みによるキャッシングや、カードローンサービスでATMから借りる方法が用意されていますが、これらのサービスには必ず金利が設定されており、借入期間に応じて設定された金利をもとに計算を行い、支払うべき利息が判明します。金利は利用限度額に応じて段階的に設定されるものが多く、利用限度額が高いほど低金利が適用されます。2%~4%台が多めです。利用限度額が低めに設定されるほど、そのキャッシングやカードローンのサービスにおける最も高い金利設定に近づく傾向があります。最も低い金利についてはやや銀行が有利ではあるものの、消費者金融も低めに設定されていますので、あまり差はありません。

ところが最も高い金利については消費者金融の高さが目立ちます。大手の消費者金融のカードローンを見ると、18%程度の金利です。一方で銀行のカードローンでは多くのところが14%や15%を切る金利設定です。その差が3%~4%近くも広がっており、利息の計算に大きな影響を与えることになります。キャッシングやカードローンの利用限度額については、殆どの人が低めの上限額に設定されます。最も低い金利が適用される利用者はごく限られた人だけですから、最も低い金利で利用先を選ぶのは現実的とはいえません。最も高い金利が設定されることを前提に利用先を選ぶとするなら、圧倒的な低金利を実現している銀行を選ぶのが有利です。銀行でお金を借りる方法だと、殆どのケースでカードローンを利用することになります。フリーローンを利用する手段も用意されていますが、利用限度額までならいつでも好きな時に繰り返し借りられる、カードローンのほうが使い勝手が良く、人気があります。

何度も借入する場合には利用残高に注意

消費者金融や銀行などの金融機関の種類に関係なく、カードローンで借入する場合には、利用限度額の範囲であれば何度も借りられる利便性が評価されています。追加の費用が必要な場合にも、緊急で更に現金が必要になった時にも安心です。しかし、利用残高に注意する必要があります。まだ借りられるはずなのに、ATMなどで利用が出来ませんと表示され、驚いた経験はないでしょうか。月々に発行される利用明細や残高を十分確認して、そこまで借入していないと考える方もいるでしょう。カードローンの場合は、金利の計算が複利になりますので、元金だけではなく、利用残高にもかかることになります。借りたら常に、翌月の引き落とし日に一括払いを心がけている方の場合は、このような問題が起こりにくいのです。しかし、返済方法を月々のリボ払いにしている場合は、返済額を計画的に支払いやすくするため、月々の返済額を、利用残高の金額に応じて一定の金額になるように設定されています。

カードローンによっては、リボ払いの返済額を、必要最低限の金額を設定していることから、返済で生活が圧迫される心配がない代わりに、なかなか返済し終えないケースも見られます。リボ払いでは、元金の返済よりも利息の返済を優先することになり、支払い当初は元金分の返済が進みにくい状況になります。考える以上に利息が含まれてしまい、利用限度額の範囲を超えてしまったり、上限すれすれになったりします。借入が出来ない事態を防ぐためには、できるだけ、1回借りたら返済し終える前に再度借入をしないように気をつけることでしょう。どうしても追加の借入が必要となる場合は、余裕のある時に随時払いをして、元金部分の返済を早める工夫をしてください。リボ払いが可能な場合は、繰り上げて返済する方法が認められている所がほとんどです。残高にも利息がかかることで、借入の元金は変わらなくても、総支払額が増えてしまいますので、いつになったら返済が終わるのかも分かりにくい状況になりがちです。早期に返済すれば、かかる利息も少なくなることになるでしょう。

カードローンを利用するときは金利を最重視する

カードローンを利用するときは、利息を抑えられることに重点を置いて借りてください。とりあえず契約してから金利交渉をして下げてもらうという方もいるでしょうが、交渉に応じてくれる金融機関は多くはありません。最初に借りたときの金利というのは、特別な理由がなければ途中で上がることはありません。それゆえ今後の金利交渉に期待するよりも、最初からお得に借りることを考えたほうがいいわけです。カードローンの実質年率は、1年間365日で計算される年率のことです。例えば実質年率18.0%のカードローンを例にすると、月では1.5%、日では約0.049%という利率になります。早く完済したほうが利息は減るので、誰よりも自分が得をします。

多目的に借りられるローンというのは、実質年率が高く設定されています。自動車ローンだと3%を下回る利率も見られますが、カードローンやキャッシングで適用されることはまずないでしょう。3.0%~18.0%という利率のカードローンはありますが、ほとんどの方は15.0%を超える金利になるものです。カードローンというのは借入額に比例して金利が変動する部分が大きく、3.0%などの超低金利で借りるためには相当な高額の借入が必須となります。低金利でカードローンを利用するなら、金融機関の選択肢は大体決まってきます。銀行を筆頭に、信用金庫・農協などの非営利の金融機関で借りることになるでしょう。これらの金融機関は初回融資においても、15.0%より低く融資してくれるところがあるのです。ノンバンク系だと初回で15.0%未満の利率になることはめったにありません。1%くらいは微々たる差と考える方は多いでしょうが、住宅ローンの1%というのは非常に大きいです。カードローンは借入額が少ないので当初は微々たる差かもしれませんが、将来的に高額を借りないという保証はないでしょう。金利は高いより低いほうが絶対によいので、ここは各ローンをよく比較して決めていきましょう。

カードローンの審査について知っておきたいこと

カードローンでお金を借りる場合には、審査をしなければなりません。その時に審査について知っておきたいこととは一体何でしょうか。まず、どういう条件で審査に通るかと言うことです。カードローンの審査を通すためには、会社によってその条件が異なりますが、基本的には信用事故がある場合にはお金を借り入れることはまずできません。信用事故とは、過去にお金を借りたけども返済しなかった場合、つまりお金をそのまま踏み倒したり債務整理をした場合などがこれにあたります。債務整理の場合は期限が限定されていてその期間は借り入れすることができません。例えば任意整理や個人再生であれば5年間、自己破産の場合であれば7年間は借り入れをすることができないのです。一方で、お金を借りたけれども、何処かに逃走してしまい、そのうち時効が成立してしまった場合は、踏み倒しということになり今後一切借り入れることはできません。

このように金銭面どの信用事故は後々までも借り入れができない状態が続いてしまうので、気をつけなければなりません。信用事故がない場合は、金融機関の場合やや厳しめになっていますが、年収が極端に低くなければ借り入れをすることが可能になります。例えば、アルバイトであっても借り入れをすることはできるのです。アルバイトでも審査に通る理由は、返済能力があるかどうかで判断し、毎月定期的に返済できるほどの収入があると判断されれば、審査に通るわけです。ですが、頻繁に仕事をやめたりして無収入の期間が続いたりすると、借り入れをすることができなくなってしまうでしょう。消費者金融などのカードローンにおいては、無収入の場合でも借り入れをすることは十分に可能です。その代わり金融機関に比べて年利が高く設定されています。おおよそ5パーセントぐらいの違いはあると考えた方がよいかもしれません。借入金額によっても、審査基準は異なります。基本的に多くのお金を借りる場合の方が審査が厳しくなるでしょう。

フリーランサーはキャッシングで借りる事は可能か

ここ最近では、フリーランスの方々は増加してきているようです。というのも最近は、人々の職業に対する考え方が色々変わってきています。従来までは正社員で働こうと思っている方も多かったのですが、色々と価値観の変化があって、その自由な働き方を望んでいる方も増えている訳ですね。

ところでフリーランサーの方々としては、どこかからお金を調達したいと思っている事もあります。理由は色々ですが、個人的なお金が必要になる事も多々あるのですね。 そしてその職業の方々の場合、キャッシングで借りる事ができるかどうか不安を覚えている場合があります。なぜなら金融会社は、正社員の方を優遇している事が多いのですね。特に公務員の方々などは、借りる事ができる確率がかなり高めなのですが。

では上記のような自由な働き方の場合はどうなのかと申しますと、借りる事は大いに可能です。実際その働き方の方々は、その融資商品で借りる事ができている事例は多々見られるのです。 ただしその際には、やはり年数などは大きなポイントになってきます。まずどれだけその仕事を長く続けているかです。少なくとも1ヶ月や2ヶ月程度の継続年数では、ちょっと難しいでしょう。それは他の働き方でも同様ですね。たとえ正社員という働き方でも、働き始めてから2ヶ月程度の方の場合は、ちょっと難しい傾向があります。逆に10年など働き続けている方は、特に問題無い事が多いのですが。フリーランサーもそれは同様なのですね。

ただしその自由な働き方の場合は、3年以上が1つのボーダーラインになってくるようです。正社員の場合は1年以上働いていれば借りれる確率はかなり高めなのですが、フリーランスの場合は3年が1つの目安になります。 また仕事の供給量なども、大きなポイントになるようですね。毎月の所得の安定度なども、やはり重視されるようです。 このような事を考えますと、フリーランサーのキャッシングの基準は、正社員とはあまり変わらないようにも思いますね。結局は安定性が求められると考えて良いでしょう。

他から借り替える時にはすでに借りている額がポイントに

人々は、たまに業者の乗り換えをしています。今までどこか特定の業者とお付き合いがあったものの、何らかの理由があって、別の会社にチェンジをしているパターンもいくつか見られるのですね。ちなみにキャッシングも、その商品の1つになります。 人々は乗り換えをするような時には、いわゆる手数料などにデメリットを感じている事も多いですね。今までお付き合いがあった金融会社では、少々を手数料が高くなり過ぎているので、多少なりともリーズナブルな所にチェンジしたいと思っている方も珍しくありません。実際チェンジをした結果、手数料が軽減されている事例も見られるのですが。

ところで他の会社にチェンジをするとなると、現在借りている金額が大きなポイントになってくるのです。なぜなら借りている金額次第では、ちょっとチェンジが難しくなる事もあるのですね。 例えば現在ある金融会社から、100万を借りているとします。そして別の会社で、50万希望だとしましょう。そして50万で借りる事ができるか否かは、現在の所得に左右される傾向があるのですね。

上記の事例では、例えば現在の所得が320万の方の場合は、正直難しいと考えて良いでしょう。100万という数字はもちろん320万の30%以下に相当する訳ですが、現在の日本では30%以上で借りるのは難しいのですね。上記のように50万円となると、もちろん借りるトータル額は150万になるでしょう。明らかに320万の半分程度に相当する訳ですから、30%という数字をオーバーしてしまいます。

逆に現在の所得が450万の方の場合は、借りられる可能性はあります。450万に対する150万なのですから、もちろん30%程度に相当するからです。 ちなみに現在借りている額が100万ではなく、20万の場合は話は別です。50万とプラスしても70万になりますので、320万に対する30%未満なのは確実でしょう。 このようにキャッシングで借りる事ができる額は、現在お付き合いをしている他の金融会社からどれ位の額を借りているかに左右される訳ですね。

果たしてキャッシングを使ってFXのスワップを狙うのは妥当か

私がFXを始めたばかりの頃には、色々と金利に関して興味を持っていました。というのも始めたばかりの私は、高金利な外貨に興味を覚えていたのですね。いわゆるトルコリラなどに興味を持っていた事もありました。現在では、考え方が大きく変わっていますが。

そして金利が比較的高めな外貨の1つに、南アフリカランドがあります。現在その価格は、10円前後ですね。ほぼ安定的に、9円から10円前後の値段を記録している事が多いのですが。 そしてその外貨の場合は金利が高めで、1万枚ならば10数円前後の金利が生じるのです。それがかなり高めなので、私は大きな魅力を感じていた事があったのですね。 ですので例えば、元手10万円だとしましょう。そのお金を用いて、上記の外貨を購入したとします。

それでしばらく運用をすると、もちろん金利が日々発生していく事になるのですね。私が口座を保有している会社の場合は、1日あたり7円の金利が発生する状況です。 そして会社によってはその数字がかなり高めになっている事もあり、あるランキングのサイトで確認をしたところ、15円を超えている会社も見られます。

という事は365日間になりますと、5475円なのですね。銀行などに預けているよりは、遥かに効率が良いと思うのです。もっともリスクがありますので、そこまでシンプルな計算にならないケースがほとんどなのですが。 そしてそれをパーセンテージに直すと、年間5%の利益が発生する事になります。ですので一時期私はその高さに魅力を感じて、キャッシングを検討していた事があるのですね。お金を借りても十分に元が取れるのではないかと思ったのです。 しかし今冷静に計算してみると、それは間違いですね。キャッシングという商品の手数料はたいてい18%などになります。どう考えても5%ではその手数料分をまかなう事ができません。
ですので融資を受けてその商品での利益を狙うのは、正直あまり現実的ではないでしょう。どこかからお金を借りるというより、やはり自分のお小遣いなどを用いてFXで楽しむのが良いと思います

若いころに自らの経験でお金の怖さを知りました。

まずキャッシングと言うとどういうイメージを持たれているかはわかりませんが、私は最初のイメージは現金がなくても手に入るという安易な考えしか持っていませんでした。それが大きな間違いだったと気づくのは少し先の事なのですがなんでそういうイメージ持ったかと言うと親の影響だと思っています。

人のせいにするのは嫌なのですが、父と買い物に行くと常にカードで支払いをしておりほぼキャッシングで済ませていたのですごくおとなな感じがしましたし、実際にあまり現金を持ち歩かない人でしたのでキャッシングされあれば現金がなくてもいくらでも好きなものが買えるんだと馬鹿イメージを持ってしまいました。

そして私はそんなイメージを抱きつつ社会人になりました。そして一人暮らしを調子に乗って始めたのですが半年後ぐらいに思わぬ落とし穴がありました。独り暮らしなので貯金をしながら生活をしていたのですが、彼氏と同棲して追い出された友人をひとり家においていたのですがその人が一切働かずに私の家に入りびたり食費は2倍以上かかって、しかも今まで安かった光熱費や電気代も2倍になりました。そしてしまいにはここに住むとまで言い出しました。

最初は平気でしたが3か月もすると貯金を切り崩しても生活が厳しくなりました。しかし親に迷惑かけるわけにもいかなくて誰にも相談できない私は、父がやっていたキャッシングを思い出しました。社会人になった私はそれなりに情報を持っていたのでキャッシングがあまり良いものではないのは知っていたのですが、働いているし何とかなるだろう。

それより今の生活が大事だと思い、ついにキャッシングしてしまいました。すると必要以上にお金を持つと人間は駄目になることを知りました。要らないものまで買い込んでしまい1か月でキャッシングはストップしました。そこから返済は毎月切り崩してしてやっと返し終えたのですが自分の甘さを痛感したと同時にお金の怖さを知りました。

電子媒体でキャッシングの明細を確認できるメリット

金融会社にて何らかの取引をした時には、いわゆる明細が発行されるケースが大変多いです。私たちがATMなどで出金をした時には、必ずと言って良いほど明細書が出てくるでしょう。いわゆるレシートに近いものになります。 そしてそれは、キャッシングなどでも同様なのですね。人によっては、借りた履歴などを全てチェックしておきたいと思っている事もあります。

色々と個人的な事情などがあり、紙媒体などでチェックしておきたいと思う方も珍しくありませんが、ここ最近では電子媒体が用いられるケースも増えてきています。 というのも一部の賃金業者などでは、現在の自分が借りている状況などを、すべてWEBでチェックする事ができるのですね。紙ではないのです。 そして多くの方々は、その電子媒体の方法に大きな魅力を感じています。

なぜならプライバシーの問題があるからです。 そもそも人々はどこかから借りる時には、誰かに内緒にしている事が非常に多いですね。特にご家族に対してその事実を悟られたくないと思っている方は、本当に多い訳です。 ところで前述のような紙媒体の場合は、ご家族に対して発覚する確率が比較的高めになります。

というのも郵送物の問題があるからです。郵送物が誰かに見られてしまいますと、自分の状況が家族に発覚してしまうでしょう。ちょっとそれは避けたいですね。 ところが電子媒体の場合は、簡単には発覚しないようになっています。いわゆるスマホなどでも自分の履歴を確認する事ができますが、そもそもスマホを操作している姿を見られただけでは、キャッシングを利用中か否かも分からないでしょう。電子媒体の場合は、簡単には分からないようになっているのですね。もちろんスマホだけでなく、パソコンも同様です。パソコンを操作している所を誰にも見られないようにすれば、やはりプライバシーなどを守ることができるでしょう。 ですので多くの方は、電子媒体にて利益を確認できる会社に対してメリットを感じている傾向があります。