他から借り替える時にはすでに借りている額がポイントに

人々は、たまに業者の乗り換えをしています。今までどこか特定の業者とお付き合いがあったものの、何らかの理由があって、別の会社にチェンジをしているパターンもいくつか見られるのですね。ちなみにキャッシングも、その商品の1つになります。 人々は乗り換えをするような時には、いわゆる手数料などにデメリットを感じている事も多いですね。今までお付き合いがあった金融会社では、少々を手数料が高くなり過ぎているので、多少なりともリーズナブルな所にチェンジしたいと思っている方も珍しくありません。実際チェンジをした結果、手数料が軽減されている事例も見られるのですが。

ところで他の会社にチェンジをするとなると、現在借りている金額が大きなポイントになってくるのです。なぜなら借りている金額次第では、ちょっとチェンジが難しくなる事もあるのですね。 例えば現在ある金融会社から、100万を借りているとします。そして別の会社で、50万希望だとしましょう。そして50万で借りる事ができるか否かは、現在の所得に左右される傾向があるのですね。

上記の事例では、例えば現在の所得が320万の方の場合は、正直難しいと考えて良いでしょう。100万という数字はもちろん320万の30%以下に相当する訳ですが、現在の日本では30%以上で借りるのは難しいのですね。上記のように50万円となると、もちろん借りるトータル額は150万になるでしょう。明らかに320万の半分程度に相当する訳ですから、30%という数字をオーバーしてしまいます。

逆に現在の所得が450万の方の場合は、借りられる可能性はあります。450万に対する150万なのですから、もちろん30%程度に相当するからです。 ちなみに現在借りている額が100万ではなく、20万の場合は話は別です。50万とプラスしても70万になりますので、320万に対する30%未満なのは確実でしょう。 このようにキャッシングで借りる事ができる額は、現在お付き合いをしている他の金融会社からどれ位の額を借りているかに左右される訳ですね。