カードローンの審査について知っておきたいこと

カードローンでお金を借りる場合には、審査をしなければなりません。その時に審査について知っておきたいこととは一体何でしょうか。まず、どういう条件で審査に通るかと言うことです。カードローンの審査を通すためには、会社によってその条件が異なりますが、基本的には信用事故がある場合にはお金を借り入れることはまずできません。信用事故とは、過去にお金を借りたけども返済しなかった場合、つまりお金をそのまま踏み倒したり債務整理をした場合などがこれにあたります。債務整理の場合は期限が限定されていてその期間は借り入れすることができません。例えば任意整理や個人再生であれば5年間、自己破産の場合であれば7年間は借り入れをすることができないのです。一方で、お金を借りたけれども、何処かに逃走してしまい、そのうち時効が成立してしまった場合は、踏み倒しということになり今後一切借り入れることはできません。

このように金銭面どの信用事故は後々までも借り入れができない状態が続いてしまうので、気をつけなければなりません。信用事故がない場合は、金融機関の場合やや厳しめになっていますが、年収が極端に低くなければ借り入れをすることが可能になります。例えば、アルバイトであっても借り入れをすることはできるのです。アルバイトでも審査に通る理由は、返済能力があるかどうかで判断し、毎月定期的に返済できるほどの収入があると判断されれば、審査に通るわけです。ですが、頻繁に仕事をやめたりして無収入の期間が続いたりすると、借り入れをすることができなくなってしまうでしょう。消費者金融などのカードローンにおいては、無収入の場合でも借り入れをすることは十分に可能です。その代わり金融機関に比べて年利が高く設定されています。おおよそ5パーセントぐらいの違いはあると考えた方がよいかもしれません。借入金額によっても、審査基準は異なります。基本的に多くのお金を借りる場合の方が審査が厳しくなるでしょう。