何度も借入する場合には利用残高に注意

消費者金融や銀行などの金融機関の種類に関係なく、カードローンで借入する場合には、利用限度額の範囲であれば何度も借りられる利便性が評価されています。追加の費用が必要な場合にも、緊急で更に現金が必要になった時にも安心です。しかし、利用残高に注意する必要があります。まだ借りられるはずなのに、ATMなどで利用が出来ませんと表示され、驚いた経験はないでしょうか。月々に発行される利用明細や残高を十分確認して、そこまで借入していないと考える方もいるでしょう。カードローンの場合は、金利の計算が複利になりますので、元金だけではなく、利用残高にもかかることになります。借りたら常に、翌月の引き落とし日に一括払いを心がけている方の場合は、このような問題が起こりにくいのです。しかし、返済方法を月々のリボ払いにしている場合は、返済額を計画的に支払いやすくするため、月々の返済額を、利用残高の金額に応じて一定の金額になるように設定されています。

カードローンによっては、リボ払いの返済額を、必要最低限の金額を設定していることから、返済で生活が圧迫される心配がない代わりに、なかなか返済し終えないケースも見られます。リボ払いでは、元金の返済よりも利息の返済を優先することになり、支払い当初は元金分の返済が進みにくい状況になります。考える以上に利息が含まれてしまい、利用限度額の範囲を超えてしまったり、上限すれすれになったりします。借入が出来ない事態を防ぐためには、できるだけ、1回借りたら返済し終える前に再度借入をしないように気をつけることでしょう。どうしても追加の借入が必要となる場合は、余裕のある時に随時払いをして、元金部分の返済を早める工夫をしてください。リボ払いが可能な場合は、繰り上げて返済する方法が認められている所がほとんどです。残高にも利息がかかることで、借入の元金は変わらなくても、総支払額が増えてしまいますので、いつになったら返済が終わるのかも分かりにくい状況になりがちです。早期に返済すれば、かかる利息も少なくなることになるでしょう。