お金を借りるなら金利が低い銀行が有利

消費者金融からお金を借りる方法がありますが、銀行から借りるのがお得です。借りやすい状況を整えてくれる便利な消費者金融ではあるものの、銀行のほうが低金利でお金を借りやすいメリットがあるからです。お金を借りる方法として、振込みによるキャッシングや、カードローンサービスでATMから借りる方法が用意されていますが、これらのサービスには必ず金利が設定されており、借入期間に応じて設定された金利をもとに計算を行い、支払うべき利息が判明します。金利は利用限度額に応じて段階的に設定されるものが多く、利用限度額が高いほど低金利が適用されます。2%~4%台が多めです。利用限度額が低めに設定されるほど、そのキャッシングやカードローンのサービスにおける最も高い金利設定に近づく傾向があります。最も低い金利についてはやや銀行が有利ではあるものの、消費者金融も低めに設定されていますので、あまり差はありません。

ところが最も高い金利については消費者金融の高さが目立ちます。大手の消費者金融のカードローンを見ると、18%程度の金利です。一方で銀行のカードローンでは多くのところが14%や15%を切る金利設定です。その差が3%~4%近くも広がっており、利息の計算に大きな影響を与えることになります。キャッシングやカードローンの利用限度額については、殆どの人が低めの上限額に設定されます。最も低い金利が適用される利用者はごく限られた人だけですから、最も低い金利で利用先を選ぶのは現実的とはいえません。最も高い金利が設定されることを前提に利用先を選ぶとするなら、圧倒的な低金利を実現している銀行を選ぶのが有利です。銀行でお金を借りる方法だと、殆どのケースでカードローンを利用することになります。フリーローンを利用する手段も用意されていますが、利用限度額までならいつでも好きな時に繰り返し借りられる、カードローンのほうが使い勝手が良く、人気があります。